英語学習ならば英国への留学が最高

subpage01

留学する方の目的の多くは、英語の習得といった事例が大半を占めていました。

どこか海外に留学すれば、英語くらいは分かるはずだという理由で、英語を習得するために、多くの方は米国やオーストリラリアさらにはニュージーランドに留学するといった事例が多いように見受けられます。

最高のボーディングスクール情報に対応した情報サイトです。

しかし、米国の場合は、英語の勉強以上に麻薬などに手を出す事例が多いようで、正直、危険です。
加えて、個人個人が銃を所持してもよいといった法律体系になっているので、高等学校にピストルを持ってきたという生徒もいる程です。
米国は非常に危険極まりないといった感じでしょう。
治安も非常に悪い所が多いと聞きます。

Girls Channelが一般的になってきました。

オーストラリアやニュージーランドも日本人の留学先として多い国ですが、オーストラリアは良いイメージがありますが、未だにもって白豪政策といった人種差別が横行していることを忘れてはいけません。

ニュージーランドは羊の国といったイメージがありますが、語学学校や大学自体が少なく、仮に大学に入り卒業したとしても、どれほどのブランド価値があるか未知数です。余り意味があるとは言えないでしょう。


最も留学先として良い場所は、英国ではないでしょうか。



英語の成り立ちの国家であり、歴史もあります。語学は歴史です。それを分かるためには、どうしても英国に行くのが最も良いのではないでしょうか。


確かに、日本からだと十三時間を要しますが、本当に違う国にやってきたという感じがして、最高でしょう。